読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・ジビエ・猪肉・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

◯◯にマジメな日本人

雑談

どうでもいいハナシです。

私たちが子どもの頃から、世界的にみて『日本人は勤勉だ』『日本人はマジメだ』と聞かされてきたように思います。

しかし、

このたびのフランスのデモ、

深刻な事件を機にとんでもなく大勢の人たちが参加した。

日本ではありえない光景。

おそらく今回の事件を考え 意思を表明するために集まった『まじめ』な人たちだと思う。

『まじめ』なハズの日本人ではありえない規模。

この違い、マジメはマジメでも何に対してのマジメなのか?そこに尽きないかと。

私の勝手な分析では、

根本的に今の日本人は周りの人や組織などを意識してか、自己主張よりも同調型とでも申しますか 波風立てず無難にマジメって感じかと。

しかし、今回のフランス人たちは

自分たちの危機に際し、自分の意思を主張したり表明するタイプの人が圧倒的に多いのではないかと思いました。

もちろんこんな簡単に言い表すべきではないかもしれません。

もっと適切な言葉や表現がきっとあるかと思います。

日本人もマジメ 、フランス人もマジメ。

ただ、周囲に対してマジメ…なのと

自分の意思に対してマジメ…なのと

かなり違うな〜と。

すべての人がそうでは無いし、両国ともに歴史も文化も価値観も全く違う中で、そもそも単純比較すべきでないかもしれません。

どちらが良いとかではなく、マジメにも何種類かあって それぞれマネできない特徴がありそうな気がするのです。