ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・自家製燻製・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

メインのお酒~ほらほらのテーマ

ほらほらは【日本酒bar】だと言って下さるお客さんが多くありがたく思っております。

【日本酒】は大好きですし今後もチカラを入れていきたいと思っております!

しかし【焼酎】も【ワイン】も【泡盛】その他ウィスキーやブランデーやリキュール類も少々置いており実は【ほらほら】は何が専門とか特にありません。

例えば【日本酒bar】とか【焼酎bar】とかハッキリしてるほうが皆さんから説明しやすいかもしれませ。でも普段から一つの肴に対して日本酒ならどういう合わせ方ができて、一方ワインならどうなるか?とか、そういう楽しみ方を模索し続けているのでウチの店の【分類】には特に何も考えておりません。

まあ・・・所詮【ほらほら】ですので今後その場の都合でテキトーに【〇〇bar】とか言い出すかもしれませんが気にしないでください(笑)

ウチの店では、極端なはなし【お酒の飲めない人】でも食事やお茶だけでも色んな話しで盛り上がる・・・ってのもアリだと思っています。

【日本酒一筋!】とかだと聞こえは良いかもしれませんが、同じ日本のお酒である【焼酎】も【泡盛】についても最低限の知識とモノを持っていないと国際都市京都の駅近くに店を出してる意味が薄れちゃうと思うんですよね~。

それと洋風の食材に対して【日本酒】などでどこまでカバーできるか?などについては本場のワインなどについて最低限の見識が有ると無いとでは全く違うと思うんです。

私自身そこまで違いのわかる人間ではございませんが、違いのわかる人たちにも楽しんでもらえる店になれたらな~と常々思っております。

でも難しいことを言わず、コチラの考えを強制せず、自由に気軽に楽しんでもらえる雰囲気を大切にしたいなと思うのです。

【お酒】も好きですが、【人と人との出会い】を何より大切にしたいなと思うのであります。
【人と人をつなぐ接着剤】となる飲み物や食べ物や話題そして雰囲気づくりを大切に、それが【ほらほら】の漠然としたテーマです。