読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・ジビエ・猪肉・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

のぞくとき 不思議にのびる鼻の下

雑談

どうでもいいハナシです・・・・

いつも不思議に思うのですが、どうして狭いところをのぞき込んだり
塀などの障壁の向こうをのぞき込んだりすると つい鼻の下が伸びるのでしょうか??

例えば掃除機のホースが詰まって中を覗き込もうとするときに つい鼻の下が伸びたり、

思い返せば美人の女性も オトコマエな男性でも例外なく 鼻の下を伸ばしてる光景を何度も見たように思います。

仮に鼻の下が伸びてなくても 結構な変顔になる人もいるように思います。

いったいナゼなのでしょう?

このことについて数人と話し合いましたところ、

人間がまだ猿に近かったころの名残りで、覗き込もうとするときに邪魔となる高い頬骨を下に下げるためできた習性ではないだろうか?という説が出てきました。

随分ハナシがデカくなってきましたが、こういうどうでもいいことに付き合って下さる友人知人に感謝したいものです。

もしこのことについて語って下さるお方がいらっしゃいましたら是非とも伺いたいものです。