ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・自家製燻製・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

普通のマグロとヤイトガツオ(スマ)との違い

これだけ頻繁に市場に通っていてもマグロの美味しいモノに出会うことがとても難しいと痛感する今日この頃。

以前、マグロで有名な那智勝浦の漁港近くの港湾関係者行きつけと思しき食堂でたべたマグロはモッチリして本当に美味しかった。

それに比べると市場に並ぶ解凍したてのマグロは・・・・

悪くはないのですが那智のマグロと比較すると明らかに違うのです。

那智のモノも大半が冷凍されてますが・・・ナゼなのか?

私が食べたものは生だったのか?

でも見事に解凍されたものは素晴らしいと聞くし、まだ出会えてないだけなのか??

魚って、一度冷凍すると身の中の水分が膨張して細胞壁がこわれてしまい

解凍後水分がでて水っぽくなったり食感が悪くなったりするものです。

焼き魚ならともかく 生で食べるときは特に。

なので、今回のヤイトガツオ(スマ)に手を出してしまった(;^ω^)

マグロの親戚でしかも生ですし!!

正式にはスマと言い地方によって色々な呼び名があるけれど主に西日本ではヤイトガツオ。

おなかの斑点模様を指して言うそうです。

マグロとかなり近い魚種で、近年マグロの代用魚として養殖の研究中らしいです。

この魚、群れをなさないので大量に獲れることが少ないそうで 獲れたら決まって高値。

とにかく獲れたら欲しい!っていう人がかなり多いらしいです。

何と言っても鮮度の良いうちに〆てありますから身がとても良い状態。

味わいはマグロと鰹の間くらいなどと言われますが 一味違った独自の良さをもってるように思います。

私の好みではヨコワ(クロマグロの稚魚)より美味しいんじゃないかと思うんですよね~。

お造りはモチロン 自家製醤油タレに漬けこんでいわゆる「漬け」にするのもアリかなと思うのです。

今回は京都にたまたま10匹ほど入ったウチの一匹。

普段は天然の鯛の4~5倍くらいの値打ちのこの魚、

たくさん入ったからか?少しお安く変えたので少しでも多くの皆さんにお楽しみいただければと思っております。

よろしくお願いいたします。

 f:id:horahora2013:20150913193851j:image

f:id:horahora2013:20150913193908j:image