読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・ジビエ・猪肉・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

イマドキの事故

雑談

昨日朝、人と待ち合わせのために立ち寄った国道1号線沿いのコンビニ駐車場にて、

数人で立ち話しをしているとき突然大きな音が!!!
音の方向を見ると免許取りたてと思しき若者3人の乗った若葉マークの軽乗用車に

同世代風な若者の乗った少し大きめのスクーターが追突。

現因は、イヤホンを付けたスクーターの若者がスマホを操作中に減速した前方の軽乗用車に気づかず追突した模様。

印象的だったのは、どちらも相手を気遣うリアクションが全く無く、追突された軽乗用車は当てられた部分を見て自らの不幸を嘆き、追突した方はまともにハンドルの動かないバイクを手押しで避難させながら散らばった部品を拾い集めていた。

しばらくお互い全く話さず。

顔面から出血してるバイクの人を気遣う言葉もなく、私たちに促されてようやく通行の障害になっている乗用車をコンビニ駐車場へ動かし、他の誰もが出入りできない場所に駐車。

今まで何度も事故現場に出くわしたことがあるし、自分も事故を起こしたことも当てられたこともあるけれど、これだけ無言の時間の多い事故は初めて。

私はバイクの部品を拾うのを少し手伝ったけど異様な沈黙にこちらまで思わず沈黙してしまった。

確かに気が動転する気持ちもわかるけど。。。

でも、こうやってオトナになっていくのかもしれないですね。

大したケガでもなさそうだったのが幸いだし、どうか良い経験にしてほしいな~と思いました。

でも、いわゆる【アタリ屋】のように痛がるふりするなどテキパキと事を進める若者だったとしたら・・・それはそれで引いてしまうかも。

こちらも見てるだけ・・・勝手なものです。

私たちもイマドキな大人なんですね。