ほらほら日記・・・・・京都たかばし【漁港直送 居酒屋 ほらほら】の日常。

京都たかばし 漁港直送 居酒屋 ほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・漁港直送の天然鮮魚・天然お造り8種盛り合わせ・居酒屋・個人店・選べる日本酒飲み比べ・各種焼酎50種・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・自家製燻製・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

血の考えかた

最近よく考えること。

肉食獣は獲物を捕まえるとまず内臓を食べる。
獰猛なシャチは獰猛なホホジロザメの肝臓だけを狙って食べる。
ヨーロッパやアジアの国々で動物の血や内臓の料理がある。

肉しか食べない肉食獣は草食獣の内臓から自分たちで生成できない栄養素を取り入れてる。
まず真っ先に肝臓狙い。

血や肝臓って本来一番重要な栄養の素なんだろうな。

でも日本人は血を穢れとイメージする習慣からか?異様に血を排除したがる。

魚に対しても同じく。
実は『血は栄養であり 血も味のうち』なんだけど

単純に血を穢れとする習慣からだけなら考えものです。

実際、漁師→漁港→ほらほらで調理という流れであり、野生動物のように生きたまま食べるワケでないので
劣化の早い血液は一刻も早く取り去るにこしたことは無い。

でも最近やたらと血を抜く処理が流行っていたり神経締めも流行っているけど、はっきり言って処理スピードが遅いなら早々に冷やした方が断然美味しい!そして美味しさ長持ちする。

付き合いの長い漁師さんや漁港の方々と今までず~っと何度も打ち合わせを重ね工夫してきて、この暑い時期でも魚の状態が良くなった。

処理方法は魚種によるしまだまだ未知のことだらけだけど、せっかく天然モノを扱うなら天然本来の旨味や栄養素を最大限活用したい。

さて、もうすぐ魚たちが到着するはずo(^o^)o
本日火曜日ですが営業します。
よろしくお願いいたします!
#ほらほら #漁港直送 #天然鮮魚 #予約でお得なコース #席数調整 #血も味のうち #血も栄養 #振替営業日 #ご予約は0753716791 horahora.izakaya@gmail.com


f:id:horahora2013:20210720150417j:image