ほらほら日記・・・・・京都たかばし【旬彩barほらほら】の日常。

京都たかばし 旬彩barほらほら・・・場所は京都駅徒歩5分・京都駅東の通称「たかばし」。新福菜館本店と第一旭本店の南隣。・日本酒地酒20種・焼酎50種・漁港直送の天然新鮮魚介・居酒屋的フード&バー・個人店・飲み屋・利き酒・ワイン・一人飲み・京野菜・自家製燻製・自家製新鮮野菜・京都ならではのお話し・京都の歴史・京都検定ネタ・オフ会・会合・打ち上げ・女子会・ひとりめし・ひとりご飯・一人酒・歴史ネタ・高速 夜行バス待ち・horahora・その他モロモロ。店長篠田繁彦の見たよろずばなし。

麑海魚譜(げいかいぎょふ)という本

最近古本で見つけた《麑海魚譜》という本。
明治16年の第一回水産博覧会に出品された古いもので、二人の絵師が鹿児島・錦江湾に揚がる魚類325種類を微細に描いた銅版画。
普段鹿児島の漁師さんからも魚を送ってもらっているけど見たこと無いのがいっぱい(゚o゚;)
魚類って本来地方によって名前が違うものですがあまりに見事なので衝動買い(^o^)
とれる時期や大きさなどの情報も書かれてますが当時の道具でどうしてとれたのか不思議なモノも多数。
今は化繊で作られた糸や網しかイメージできないけど、当時の自然由来の糸や網の性能が相当なモノだったんだろうなぁ~。
この百年あまりの進化は大きいけど、失ったモノ、貴重なのに消えてしまったモノは多そう。
今から昔に戻るべきとは思わないけど辿った道は客観的かつ淡々とクールに書き残してほしいものだと思うのでした。
同じレベルで各地の昔の料理の記録もあれば是非とも拝見したいものです。
f:id:horahora2013:20180608014127j:image


f:id:horahora2013:20180608014149j:image


f:id:horahora2013:20180608014206j:image
f:id:horahora2013:20180608014220j:image